■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風の吹くよなチンケなチンピラ  by平野壮
ひろピーが最近CSの昭和ドラマシリーズにハマッてるらしくて、萩原健一の「傷だらけの天使」を見てて、ショーケンの立ち居振る舞いが俺にやたら似てて面白いと言っていた。
あの水泳のゴーグルかけたやつよ。
テーマ曲もイナタくて味があっていいよねぇ。
俺も昔大好きだったドラマだからもう一度見たくなって、ヨウツベあたりに見れる動画ねーかなぁとか思って探してみたら何本かあったので見てみた。
いやあ、懐かしかったが今見てもすげぇ面白いねぇ。
あのリーゼントの水谷豊も最高やし。
「探偵物語」なんかの松田優作の感じにもキャラ的にリンクしてるんだが、優作さんのあのイザとなった時の飛びぬけた強さや、運のよさとは正反対な、ヘタレぶりやツキの無さみたいなショボさ加減が確かに俺っぽいって言えば俺っぽい(笑)
昔、長渕剛がラーメン屋の兄ちゃん役のドラマやってた時にも周りからやたら似てる似てると言われたもんだけど、あれも「熱いんだけど実はヘタレ」みたいな役どころだったしなぁ。。
顔立ちが似てるってのもあるかもだが、「トンボ」あたりの時はあんまり言われなかったからやっぱりキャラなんだろう。
なんつーか、そーいう「風の吹くよなチンケなチンピラ感」てのが俺の持ち味なんかもなぁ。
ま、実際のところ確かにそんな感じな男でもあるんだけどさ(笑)

世を見ると、1970年代までは映画でもドラマでもアニメや漫画にでもありふれてた「あのニオイ」が1980年代を過ぎると一気に少なくなって、今ではとうとうほとんどなくなってしまった気がする。
しかし、あの独特の雰囲気が好きなヤツってのは若者にもオッサンオバサンにもまだまだたくさんいてさ、だから今頃「傷だらけの天使」あたりがDVD化されたりすんのよね。
俺は、ビンテージのカヴァーとしてじゃなく、実際の今生きてるモノホンとしてその「風の吹くよなチンケなチンピラ感」を出したいんよね。
そういうのってなんだか面白れーじゃんか。


今回のアルバムのジャケット撮影の話でも、実はそんなチンピラ感みたいなのを前面に押し出して、手に取った瞬間に誰もが、
「やりすぎや(笑)」
と笑うような写真にしようかという案が出てるんよ。
時間があまりないから夜通しRECした後仮眠して、起きたらすぐ撮影みたいな過酷なスケになりそうだが、せっかくだからみんなが唸るよーなヤバいジャケにしたい。
まあ、見てておくんなましよ♪


スポンサーサイト
がきおやじ | 18:26:00 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。