■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年も暮れゆく byひろピー
復活を果たした今年のライヴは、大晦日の鴨川を残すのみとなった。

一年を通じて、9本。
レコーディングの時期もあったから、そこのブランクを差し引いても多いとは云えんわな。

じゃあ、オファーがなかったかと云えば、そうでもなくて、まぁ何やかやと無い事もなかったんだ。
でも、ほとんど断った。

別に、偉そうに勿体つけてるワケじゃない。

以前は、そういうオファー片っ端から受けてたのね。
今のメンバーが揃った最初の頃なんか全くそうで、まぁ週イチくらいのペース・・・ヘタしたら週2、3回とか。
お披露目の意味もあって、とにかくやり倒してた。

その後、ラジオ番組「OLEっち」の時なんかは、ライヴ観たい!とか、早く帰ってきてこっちでライヴやれ!とかのメッセージが随分来てて、こりゃ応えなきゃ・・・とまたまた片っ端から受けてたワケだ。

しかし、オレらがいくらファンの声に応えようとしても、ライヴはお客2人とか・・・中には客がいないんで開演出来ず、時間押すだけ押して2セットの予定が結局1セットだけとか、そんなのもあった。

あまりの寒い状況にやればやるほど維持出来なくなり、結局バンドは解散。

そんな客の呼べんバンドを、いくらファンの後押しとは云え、性懲りもなく復活させたオレらもアホだが、いくらアホでも覚悟を持って復活させたワケで当然、慎重にならざるを得ん。
だから復活後はほとんどバンド側で企画、運営してきた。

本数少ない代わりに、たっぷりの内容でもって、来てくれたお客さんに満足してもらえるよう努めてきたつもりだ。

おかげさまで以前のような寒い状況もなく、念願だった新譜の発売も出来て(通販スタートしとるよ)それなりに上出来のスタートを切れた一年だったと思ってる。

勿論、オレらだけで出来たワケじゃなく、影になり日向になりバックアップしてくれたスタッフのみんなの力は大きい。
そして来てくれたファンのみんなに改めて感謝したい。
有難う!

来年のスケジュールも2本ほど決まってるが、さらなる飛躍の年にするべく、ますます張り切ってやっていくんで、来年も変わらぬ声援を切にお願いする次第・・・!
どちらサンも良いお年を!

んで、鴨川に来る方々は・・・パーティーやで!(笑)
待っとるよ!

スポンサーサイト
がきおやじ | 01:52:44 | Trackback(0) | Comments(2)
クリスマスプレゼント byひろピー
20081225025823
送り主は、高校の時の同級生。
んで、オレが初めて組んだバンドのギタリスト。

高校出てからも、オレのアマチュア時代から、プロになった初期の頃を一緒に過ごした親友で、20歳くらいの頃からしばらく2~3年かな・・・九州時代、ホンマに一緒に住んでたんだ。

ヤツはプロの道は諦め、今も九州で楽器に関わる仕事をしている。
プレイヤーではないけども。

まぁオレは、ドラマーとしての生き方しか考えてなかったから、道は別れたけどもそんなオレを20年来、応援してくれてる数少ない親友よね。

ここはがきおやじのブログやから云うけど、ちょうど鴨川に行きだした頃・・・4年近くくらい前かなぁ?
平野壮がギターが調子悪いだの、アカンだのと云ってたのを話したら「弘志がやってるバンドのためなら」とギターわざわざ送ってくれたワケだ。

「ばらっく式」は勿論、それ以降は全てそのギターなんやけど、そのギターはこいつがくれたギターなんだ。

勿論、ヤツと平野壮とは今だに面識ない(テルはある)。

今もヤツとはしょっちゅう電話で話すんやけど、たいがい長電話。
オッサン同志でなおかつ、濃いィ日々を過ごしてた仲やから毎度、昔話とか多くてな(笑)。

その濃いィ日々の時期にヤツがメインで使ってたギターを、送ってきたんだ。
「弘志が持っといてくれ」って。

このギター、見れば判ると思うけどフェンダーのムスタング。
ヤツが当時やっと手に入れたモノホンのフェンダー、って事で、オレもとっても思い入れがある。
当時、ヤツと二人で夜通しこのギターで随分と曲も作った。
そういう意味でもね・・・。

オレは当然、ギターは弾けん。
でも、手元にこのギターがあると、若き日のあの頃の気持ちを思い出す。
ギラギラしてたあの頃の気持ちをね・・・。

そこらじゃ調達出来ん、思い出の詰まったいいプレゼントだったぜ。

余談だが・・・平野壮の異様な弦消費の話したら、弦を10セット、入れてくれとった。

がきおやじファンの皆さんも感謝しましょう(笑)。

がきおやじ | 02:58:25 | Trackback(0) | Comments(3)
祈り by平野壮
クリスマスイブでんな

恋人達は浮かれ気分で街を歩いております。
ラジオからは毎年のように聴きなれたクリスマスソング。
イルミネーションとクリスマスリースとモミの木と。
しかし、世の中はリストラと大不況の嵐。
皆様色々な思いでクリスマスをお過ごしでしょう。

クリスマスはジーザスクライストの誕生日であるからして、ホントは敬虔に神へ祈りを捧げる日のはずですが、神への祈りというよりは現実的なお願いのほうが先に立ってしまいそうですなぁ。


でもせっかくの聖なる夜。性なる夜もいいけど、ほんの一瞬だけでも自分自身の事を離れて世界の平和について祈ってみましょうや。
メリークリスマス!

がきおやじ | 12:33:29 | Trackback(0) | Comments(0)
もうこんな季節 byひろピー
世間はクリスマスだとか。
まぁ皆さん、楽しいイベントならばよろしいんじゃないでしょうか。

昔、ハコバンとかまぁバイショーバンド・・・そういうのやってた頃は、12月に入るとどうしてもベタなクリスマスソング演らないかんし、クリスマスパーティーとかの営業も入ってくるから、あーもうそんな季節かと思ったりもしたが、そのテの仕事から撤退してる今、何の実感もナシ。

がきおやじもクリスマスソング作って、幾度か披露した事あるが、やっぱアカ抜けん。
ちゅーか、楽しい曲にならん。ロマンチックにもならんし(笑)。

大体、クリスマスとがきおやじって、合わんよな。
ハロウィンとかさ、西洋チックなモンはことごとく(笑)。

オレ個人にしても、ガキの頃からクリスマスとかあんま縁がなかったから、特にどうっちゅー事もないんだけど。
まぁ冬休みが始まる日、っちゅーくらいよね。

しかし、何となく世間が浮かれてるような雰囲気は好きで、クリスマスから大晦日までの一週間は好きだった。

今でも大晦日って、なぁんか好きで・・・だから元旦はいつも祭りの後のような気分になる。

その大晦日も、今年は久々に「叩く大晦日」。
浮かれとる場合やないぜよ。

まぁ目一杯叩いて、美味い酒でもって新年を迎えたいとこでアル。

何や、やっぱお祭りやがな(笑)。

がきおやじ | 01:44:37 | Trackback(0) | Comments(0)
流れ by平野壮
変革の時というべきか。

世界の全部がかなりの勢いで動き出したように見えるのは決して俺の気のせいではあるまい。

温暖化やエネルギーの枯渇問題や経済破綻に凶悪な事件痛ましい事故。
こういうのはまあ、ある意味ずっとあった問題で、そういうひとつひとつではなくて、何か全体的な流れというか、そういうものがここ最近定まりつつある気がする。

両極化という言葉が言われ出してから久しいが、まさに白と黒が、右と左が、両極に集まりつつある。

それは精神性を主とする一派と物質性を主とする一派だったり、お金持ちと貧乏人だったり、ネガティブな人とポジティブな人だったり色々だが、簡単に言えば類は友を呼ぶという諺が現実に着実に機能をはじめたような感じだ。

自分がどの『類』なのか。それを知ることが重要な世界になりつつある。
してみれば、よく目を凝らし耳を澄まして自分がどこに向かうべきかを深く考えねばならない。

なぜなら『そこ』は必然的に自分と同じ意識や価値観を持った人々がみな集まりつつある場所であるからだ。

さて、俺はどこに向かおうか。

…やはり、あそこだな。

がきおやじ | 12:56:15 | Trackback(0) | Comments(0)
何もかもみな懐かしい byひろピー
20081215023627
ファミリー劇場でだいぶ前から、宇宙戦艦ヤマト放送してんだけど、ヤマト直撃世代のオレは当然観たい。
でも、日によって観れたり観れなかったり。

そしたら、こないだ全話一挙放送ってのやってて、これ幸いと全て録画。
一日1~2話くらいのペースで観ようと思っとったんやけど・・・結局、2~3日のうちに一気に観てしまった。

止まらんのよねぇ、観だすと。
1話から通して観るのは30年ぶりくらいかなぁ。
何やかや云うても、やっぱ燃えるんだ、ヤマトは(笑)。

この全話一挙放送ってのに「ローソンPresents」っちゅー冠が付いてて「ローソンで缶コーヒーにヤマトメカニックコレクションが付いてくる!」とやたら何回もCMやるもんやから、気になって気になって(笑)。
んで買いに行くも、全8種のうち主役のヤマトだけが無い。

やっぱ一番人気で売り切れてんのかなぁ・・・と半ば諦めかけてたら、別のローソンで発見。
いくらヤマトの他のメカがカッコいいっつっても、肝心のヤマトがなきゃね。

まぁコレクションサイズだから、ウチのパンダの顔に乗るほど小さい(笑)。
でも、実質タダなんだから(缶コーヒーの値段だけ)おトクでしょう、これは。
他の食玩みたいにブラインドでなく、選べるからダブるって事もないし。

しかしやっぱ、でっかいヤマトの模型欲しいなぁ・・・と、ガキの頃の思いが蘇る今日この頃でありました。
チャンチャン♪

がきおやじ | 02:36:30 | Trackback(0) | Comments(2)
本当のサービスとは byひろピー
こないだの館山、オレが到着した時にはPAを含めた舞台の配置、セッティングは既にもう決まっていた。
まぁ当たり前の話だけど。

しかし、どうにも違和感があって納得いかんかったオレは、さぁこれから音出し、って時に全面的に配置の変更を要求した。

勿論、スタッフにはスタッフの云い分があるワケで、それも判った上でなおかつ、お客目線で見た場合の舞台効果、加えて演奏する時の不安材料は少しでも取り除きときたい、と思うからオレは妥協出来ん。

リハーサルを控えて、余計な仕事が増えたと思われたろう。
だが、もしスタッフが応じてくれなかったら、オレは帰ってしまったかも知れん。
「演者の気持ちが判らんヤツらとやっとれるかい!」である。

結果、スタッフはオレの気持ちを汲んでくれて全面変更に応じてくれた。

ワガママなヤツだと思われるだろうが、オレにとって舞台は生きるか死ぬかの戦場なんである。
ハンパな状態、気持ちでやれる場所ではないんである。

納得いかんまま舞台に出て、結果×だったら後悔の嵐だろうし、逆に、オレの判断が間違ってた場合にゃ、オレに非難ゴウゴウだろう。

そういうリスクは常に付きまとう。
加えて演奏の内容への責任・・・全てはファン、観客のため。
だから、これっぽっちも気が抜けない。

ハッキリ云って、オレはオフステージでのサービスは足りんかも判らん。
愛想の悪いヤツ、と思った方も多々いらっしゃると思う。

しかし、バンドマンの本当のサービスは舞台にある。
オレは誰よりもそれを心がけてるつもりだ。

なかなか結果がついてこんくせに、あまりにもええカッコ云い過ぎやな・・・ゴメリンコ。

がきおやじ | 19:03:48 | Trackback(0) | Comments(19)
思い出 by平野壮
知らぬ間に本格的に冬やねぇ
…つーかもう年末やんけ

淫行矢の如しっつーけど、ホントに時の経つのは早えぇなあ。。
このままじゃみんなあっという間にジジババやね。
歳をとればとるほどに1年が加速度的に短くなっていく。
10才の頃は1年なんてそりゃもう気が遠くなるほど長かったもんなぁ。
俺の計算では95才から100才までの間なんか感覚的には20分くらいであろう(笑)

しかし、最近気付いたんよ。
思い出というやつに限っては歳をとるに従ってやたら間のびして感じるってことに。
これも歳をとるごとに加速度的に長くなんのよね。
まあ俺だけかも知らんがね。
12歳の時に思い出す10歳の夏の思い出より、30歳の時に思い出す10歳の夏の思い出のほうが断然長い。

とりとめのないことだと思って忘れていたようなことが色々学ぶことで重要な意味を持つ思い出に変わったりするからかな…

俺は精神分析医じゃねーから理由はよく知らんが、計算でいくときっと90歳の老人は2000歳分くらいの思い出を持ってるんじゃないか(笑)


特に歌詞を作る時なんかに重要になるのはこの思い出の質と量だと思うんよ。俺も90歳になったら神のように深い歌詞が描けそうな気がする。






がきおやじ | 00:53:26 | Trackback(0) | Comments(2)
全国進出!かナ? byひろピー
今日、NHKパフォー!のスタッフから電話。

来年、番組で紹介するかも知れないんで、許諾確認っちゅー事らしい。
んで、プチ電話インタビュー受けた。
突然のインタビューは答に困るが(苦笑)まぁ何とか。

実は現在、スタッフが第二弾PVの準備してて、NHKのスタッフにもその話したんだ。
スタッフは大いに喜んで、楽しみにしてますと。

全国進出・・・イキたいですなぁ!

がきおやじ | 23:51:50 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。