■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
繰り返せ! byひろピー
さっき、水木一郎とミッチーこと堀江美都子をゲストに迎えたBSのアニソン特集見てたんだ。

そしたら、ミッチーの大ヒット曲「キャンディキャンディ」の作り方を、作曲家の田中公平氏が分析してたワケ。

題して「100万枚売れる、そして心に残る作り方」とか云って。
まぁ簡単に云えば、同じフレーズを3回繰り返すって事なんだケド…。

実は、今作ってるがきおやじの曲、最初どうも弱いな…と思ったオレはアレンジ段階で「ここ繰り返そうぜ」と、まさにサビのとあるフレーズを繰り返すように支持したワケだ。

それで少しは曲らしくなったかな…とは思ってはいるがまさか、それが100万枚売れる方法だとは知らなんだ。

まぁ100万枚売れるなんて、ウチにゃ無縁だろう。
わははは。


どうでもいいけど、最近のミッチー、きゃんひとみ姉さんに見えて仕方ない(笑)。

スポンサーサイト
がきおやじ | 01:07:22 | Trackback(0) | Comments(0)
愛されるために by平野壮
昨日は中野サンプラザにとある用事で出かけた。

用事を済ませ昼食をとるために道をはさんだ屋根のある商店街を歩く。
ひどい風の日だったが日曜だけあって人通りは多い。
インド料理屋でマトンのカレーを食べたが店員のインド人はずっとニコニコとしていて気さくであり、料理は安くて旨かった。

激安の洋服店に集まる若い女の子たちはみんな可愛い顔をしていて、なかなかオシャレで都会派な感じだったが、580円均一とかいうフリフリのキャミソールのワゴンを漁る娘らの目つきをよくよく見れば、それはスーパーの半額札に群がるオバタリアンの目つき以外の何者でもないように見えて若干げんなりした。

素敵で安い洋服を前にどうしてみんなシカメツラをしているのか。

それを着て可愛くなって彼に愛される想像をしているとはとても思えない。

あのインド人の笑顔とあまりに対象的な日本の娘たちの曇った表情に、君の幸せはいったいどこにあるのかと問いたい気持ちになった。

愛されるにはね、愛されるための表情があるんだよ。
言葉より、洋服より、その表情を着こなせる人がたくさん愛されて幸せになるんだよ。


がきおやじ | 10:49:53 | Trackback(0) | Comments(1)
ライバルに捧ぐ by平野壮
秋晴れの甲州街道を静岡から甲府経由で東京まで一人走った。
カーオーディオからはズッとヤツの唄が流れていた。
免許とりたての18才の頃だ。

ヤツが昔悪さしてた場所を探して歩いた。
多摩蘭坂も市営グラウンドの駐車場も俺には聖地だった。

それからほどなく俺は東京に出る。
当時の中央線界隈にはそんな輩がごまんといた。


途中で辞めちまったが少し通った高校で、授業中好きな娘をチラチラ見ながらイヤホンでラジオ聞いてたのもヤツの影響だった。

リズム&ブルースやソウルという言葉を意識したのも世界平和を少し考えだしたのも。


俺は矢沢や桑田に負けるつもりはなかったが、「キヨシローにだけはちょっと負けるかもな…」などと本気で思っていた。

最高に横柄だが、ヤツは俺のライバルだった。

ジョンレノンが死んでキヨシローが死んだ。
お別れは突然やってきて
すぐに済んでしまう。

ああ…。
タバコの煙がホントに青いなあ。。
涙出てくる…。

ヤツに聞こえるように俺も唄うしかないな…。



がきおやじ | 02:23:38 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。