■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
迷走の始まり by ひろピー
相変わらず動員に苦戦する日々は続いていた。

茂原でやった時なんか、スタート時間になっても観客ゼロ。
仕方なく待機して、お客さん2、3人来たところでスタート。

かなり押したんで2セットやる予定が1セットに、なんて酷い時もあった。

それでも鴨川なんかはそれなりに入ってたから、地元で懸命に集客してくれてたんだろう。
今でも頭が下がる思いだ。

確かに千葉方面に遠征する事が多くなってはいたが、そうなるとまた「千葉ばっかり・・・そんな遠いとこ行けません」とか、千葉以外のお客さんが文句を云い出す。
んじゃ、ってんで横浜やら東京やらのライヴを入れても「そんな平日、仕事で行けません」だの「その時間じゃ間に合いません」・・・結果、客席は毎度ガラガラ。

正直、「ンなら、どうすりゃいいんじゃい!手前ェの都合に合わして欲しいんなら、プライベートパーティーでも企画して呼べやー!それとも、来るかどうかも判らん連中にいちいち都合聞いて回ってからスケジュール決めろとでも云うんかい」みたいな。

勿論、観客やファンに対して口に出して云った事はないが、かなりキレかかってたのは確か。

何がファンだ、不安やないか・・・毎度、判で押したような口先だけの「ファンです」「応援してます」「頑張って下さい」・・・お前が頑張れ。

演者が決して云ってはいけない事なのかも知れん。
が、そんな横柄な事を考えてしまうほど、気持ちは荒んできていた。

そういう時こそ音楽の事のみ考えて、打ち込んでいればいいものを・・・以前のオレならそうしていた。
だが、状況はそれを許さなかった。

かくも、バンドを維持していくという事は困難かつ複雑なのである。

つづく

スポンサーサイト
がきおやじ | 21:04:14 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。