■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これが裟婆僧だ!③ byひろピー
ではお待ちかね、収録曲の話を。

まずは、アルバムトップを飾る「笑唄」から。

これは、バンド解散後、平野壮が弾き語りしてた時の曲で、ヤツのバック手伝った時にオレも一度プレイした事がある。

しかし、何つってもバンド空白期の曲だから、当然オレもテルも曲作りには関わっていない。

バンドでやるためには、相応のアレンジが必要になるが、この曲に関しては、それもほとんどやってない。
多少、構成をイジった位で・・・例えば、アカペラで始めるとかね。

そういう意味ではがきおやじ名義にするのはどうかなぁとも思ったんだ。

しかし、それでも今回のアルバムのメインにしようと考えた。

以前、平野壮のバックでプレイした時には、別にどうという感じもしなかったんだが、再結成してから「がきおやじ」で演ると、全然違ったのね。

ハッキリ云って、気恥ずかしいメッセージのオンパレードだが、それがナゼかがきおやじで演るとしっくりくる。

がきおやじ再結成に当たって、そして今に至るまで、実に多くの有難い助けをいただいた事もあって・・・これ「ウムイPart2」でもいいんじゃなかろか、ええ曲やないか・・・と、印象が変わってったってのは、やはりこの三人だったからに他ならない。

そんなワケで、曲自体はド直球ストレート。
敢えてあまりイジらなかった、てのはそういう気持ちだったからで。
タイコも、何て事ない。バッキングに徹してる。

聴いた人が、ララララ~ラ♪と口づさんでくれる事がこの曲に対する評価になるんでは、と思ってる。
スポンサーサイト


がきおやじ | 00:04:02 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
今更ながら…
初めて聞いた時にはまだ解散間もなく、バンド曲の色が濃くてそのプレイを聞いていたから正直『がきおやじ』サウンドとしとまた聞けるのは感無量です(>_<)

最初聞いた時は何となく沖縄的に聞こえたと感想を話した気がするけどまさしく昭和

ラララ~の部分は一緒に歌うと何故か涙が浮かんできちゃったり…

何か上手くまとまらないけど、曲に対するコメントって好みとか知識とかが係わってくるイメージがあるから難しい(>_<、)
2008-09-26 金 23:32:33 | URL | ゆうこっち [編集]
★ゆうこっち
いやいや、リスナーは聴いたそのまんまの感想云ってくれりゃいいのヨ。

好み丸出しでオッケーだし、否定的な意見も勿論。

アルバム出してもノーリアクションってのが一番、辛い(苦笑)。
2008-09-27 土 02:46:06 | URL | ひろピー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。