■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
愛されるために by平野壮
昨日は中野サンプラザにとある用事で出かけた。

用事を済ませ昼食をとるために道をはさんだ屋根のある商店街を歩く。
ひどい風の日だったが日曜だけあって人通りは多い。
インド料理屋でマトンのカレーを食べたが店員のインド人はずっとニコニコとしていて気さくであり、料理は安くて旨かった。

激安の洋服店に集まる若い女の子たちはみんな可愛い顔をしていて、なかなかオシャレで都会派な感じだったが、580円均一とかいうフリフリのキャミソールのワゴンを漁る娘らの目つきをよくよく見れば、それはスーパーの半額札に群がるオバタリアンの目つき以外の何者でもないように見えて若干げんなりした。

素敵で安い洋服を前にどうしてみんなシカメツラをしているのか。

それを着て可愛くなって彼に愛される想像をしているとはとても思えない。

あのインド人の笑顔とあまりに対象的な日本の娘たちの曇った表情に、君の幸せはいったいどこにあるのかと問いたい気持ちになった。

愛されるにはね、愛されるための表情があるんだよ。
言葉より、洋服より、その表情を着こなせる人がたくさん愛されて幸せになるんだよ。
スポンサーサイト


がきおやじ | 10:49:53 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
久しぶり!
元気? たまたまがきおやじのブログみつけてさ なんか懐かしくてね!
がんばってるみたいだね。
俺も今 ブルースロマンてバンドで頑張ってるよ。
お互いやりたいことは一緒だね。
これからはこのブログちょくちょくのぞかせてもらうよ。
じゃ
2009-06-25 木 19:15:51 | URL | 高木 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。