■がきおやじ

がきおやじ

平野 壮 (Vo&G)
テ ル (B&Cho)
ひろ・ピー (Dr&Cho)

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ばらっく式 by ひろピー
9月のアタマからレコーディングはスタート。

作業はサクサク進み、結構あっという間だったような記憶がある。
録音よりむしろ、ミックスに時間かけたかな。
それでも早かった。

アルバムはそんな感じだったが、アルバムとは別にサプライズ盤というか、レコ発ライヴ限定シングルを作る案があって、そのレコーディングもしなきゃならず、これはエンジニアはテルがやって録音から何から全部三人だけで。

ジャケットのアートワークは、鴨川で仲良くなった「おはよう!スパンク」でお馴染みの漫画家、たかなししずえ先生にお願いした。

ナント、ノーギャラで快く引き受けて下さり「トタン張りの家」をモチーフにした絵が出来上がってきた時には、メンバー一同大感激。

バックジャケットは、これも鴨川で仲良くなって、プライベートにまで大変お世話になってるファン代表の樋口氏。
彼は趣味で絵をたしなむのだが、これがいい絵を描くんだ。
是非描かせて欲しいと云うので、お願いする事にした。

ライナーノーツの執筆を、きゃんひとみ姉さんにお願いしてみたら、これも快諾してくれて、着々と準備は整いつつあった。
しかし、肝心のアルバムタイトルがなかなか決まらず、難航。

最初、ズバリ「歌謡曲」ってなァどうだ、とか今回のウリである曲である「トタン張りの家」をそのままタイトルにしたら、とか色々と案は出たものの、どれももうひとつ。

結局、オレ大好きな漫画家である、つげ義春の代表作「ねじ式」をもじって平野壮が「ばらっく式」と命名。

アルバムがカタチを整え出し、レコ発ライヴも決まり、いよいよ慌ただしくなってきた秋だった。

つづく
スポンサーサイト


がきおやじ | 21:21:09 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-01-22 土 16:28:48 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。